スノーボード全日本技術選

ホームページを立ち上げてから、ブログを全然書いて無かったのですが、重い腰を上げ書こうかと思います。

もう2ヶ月近く前の事になってしまいますが、新潟県上越国際スキー場で開催された全日本スキー連盟主催第18回全日本スノーボード技術選手権大会に出場して来ました。結果は予選1日目27位 、2日目予選総合47位で決勝進出、3日目決勝55位でこれまでで最高順位を出す事が出来ました。この結果についてはフェイスブックに書かせて貰いました。

今回は大会中に起きた事、感じた事について書いて行こうと思います。

ここ数年は、ロルフィングを中心にオステオパシー、内臓マニュピレーション、共鳴法整体等の各種療法やなみあし、池原塾などの武道的身体操法と、様々な身体に関するメソッドを学んで来ました。その中で、様々な知識や理解はもちろんですが、自分の身体の変化も強く感じています。その甲斐も有り、会社員時代に有った腰痛や肩こり、首こり等は跡形も無くなり、今は人生で一番カラダを動かし易い状態だと思っています。

この様な変化が、このスノーボード技術選の成績として、これまでの158位、99位、55位と目に見える形で残せたのは嬉しく思います。いい年のおじさんが、このジャンプアップと言うのは中々のモノだと勝手に自画自賛しています(^^)。この自らの身体を通して、自分の学んでいるモノの価値を実証する取り組みは、色んな機会に今後も続けていきたいと思っています。

具体的な変化の実感の1つとして、今シーズンは、毎回滑る度に、身体が変化しているので、滑りの技術をそこに合わせ込んで行く事が必要と言う事が有りました。昔は上手くなる為にひたすら練習する、と言う感じでしたが、最近は身体の変化に滑りを合わせ込むと、自然と滑りが進化している、といった感じです。ですが、朝イチ1~2時間かけないとまとまらない感じで、それが無いとちぐはぐで以前よりも滑れないと言う具合です。それが大会中にも続いていたので、毎朝アップしながら合わせ込んで行くのが大変でも有りました。

初日は、この合わせ込みに本当に競技前のアップの最後の一本までかかり、正直これは今回もうだめかもと思いましたが、最後の一本で上手くハマった感じが有り、良い意味での諦めの様な平常心で臨む事が出来ました。出走前にスタート地点で待っている時にコースよりも遠くの山々や空が目に入りるなど、今までに無い何だか妙に落ち着いた気分でした。そして滑走自体も今までに無かった様な落ち着いた様な、フワフワする様な変な気分であっという間に終了しました。自分自身では全く手応え無く、やっちまったかとも思いましたが点数は悪くなく、見ていた知人も「良かった」と言ってくれました。これまでに無い感覚でしたのでこれも身体が変化した結果なのかと、驚きました。

予選初日フリー

良いスタートを切る事が出来、このままこの調子で終える事が出来れば、と思いましたが、そう上手くは行かず、なんと2日目のアップ中に人を避けて転倒した際に板のテールが折れてしまいました!!毎年、スペアとしてそれまでの古い板を持って来ていたのですが、今年に限って持ち込んで居た板はその一本だけでしたので、これはもう諦めるしかないなと思っていました。

哀れ折れたボード

しかし愛知県の選手で集まった際にこの話をしていると、話を聞いていた愛知のメンバーの知り合いのHさんが、ヨネックスのブースで板を借りれる様に頼んでくれ、同じモデル、長さの来季の板を借りれる事になりました(ヨネックスは所属ライダーのサポートと来季モデル試乗会の為にブースを出していた。そしてHさんの旦那さんはヨネックスのライダーでもあった)。 諦めかけた所から、一転、ラッキーな事に同じモデルの新しい板での出走、かなり順位を下げたものの、初日の貯金も有り最終的には予選を47位で終え、決勝に初進出する事が出来ました。

ありがたい板

そしてこれまでに出場した事のない3日目の全日本の決勝、悔いなく楽しもうとやる気になっていたのですが、今度はアップ中にビンディングの調子が悪くなり、滑ってる途中にズレる様になりました。新品のベルトに変えても駄目で、ラチェット部品を持って来たスペアの物に変えてもダメでと色々といじっていた所、通りがかった人がどうしましたかと聞いて来てくれました。それがなんと昨日のHさんの旦那さんで、彼のラチェット部の部品が使えそうだと、そのまま貸してくれました!!

それで、最終日の種目は、ブーツ以外の道具の大部分を借り物で出場すると言う事になりました、笑。結果は決勝55位と予選初日から大きく結果を落とす事になりましたが、最後まで悔いなく滑り切る事が出来て本当に良かったなと思います。板やビンディングを借してくれる人が居たり、わざわざ決勝の写真を取りに来てくれる友人が居たりと、私は周りの人の助けに本当に恵まれているなぁと、人との縁は本当に財産だなと、今回改めて痛感しました。

来シーズンももちろん、自分の身体を通しての実証として大会には出たいと思っていますが、来年はしっかり道具の整備、スペアの持参をしようと反省もしています。そしてYonexには足を向けて寝れないなと、来季ももちろんYONEX Thrust の板を買おうと思いました。色々とドラマが有り勉強させてもらった3日間でした^_^